検定

検定

各種検定試験

簿記

企業の経営活動を記録・計算・整理して、企業の経営成績と財政状態を明らかにする技能です。
企業の活動を適切、かつ正確に情報公開するとともに、経営管理能力を身につけるために、簿記は必須の知識です。

紙試験(統一方式)

さらに詳しくみる


ネット試験(CBT方式)

さらに詳しくみる

  • リテールマーケティング
    (販売士)

    販売・接客技術はもちろん、販売促進に向けた企画立案や在庫管理、マーケティングまで、幅広く実践的な専門知識が身につきます。
    流通・小売業をはじめ、業種・業態を問わず、顧客満足度を高めるノウハウを修得できます。

    さらに詳しくみる

  • 福祉住環境コーディネーター

    高齢者や障がい者に住みやすい住環境を提案するアドバイザー。医療・福祉・建築について総合的な知識を身につけます。

    さらに詳しくみる

  • ビジネス実務法務

    ビジネスに必要不可欠な法律知識をバランス良く効率的に学ぶことができ、業務上のリスクを的確に回避できるようになります。

    さらに詳しくみる

  • 環境社会(eco)

    複雑・多様化する環境問題について、総合的な基礎知識をバランス良く身につける検定試験。
    環境に配慮した製品・サービスが当たり前となりつつある今、環境知識の有無はビジネスに差を生む要素となっています。

    さらに詳しくみる

  • ビジネスマネジャー

    あらゆる管理職(マネジャー)が身に付けておくべきマネジメントの知識を体系的に学ぶための検定です。
    マネジャーのミッションを『チームとして成果を出すこと』と定義し、そのミッションを果たすために必要な知識を厳選しています。

    さらに詳しくみる

  • カラーコーディネーター

    色彩の知識を身につければ、色の持つ効果をビジネスシーンに活かすことができます。仕事に役立つ実践的な色彩の知識を学ぶことができる、それがカラーコーディネーター検定試験です。

    さらに詳しくみる

  • BATIC(国際会計)

    日本企業の海外進出が進む昨今、グローバルな国際会計スキルはビジネスシーンにおいて必要不可欠となっています。
    ビジネスの共通言語である会計知識を英語で身につける、それがBATIC(国際会計検定)です。

    さらに詳しくみる

  • ビジネス会計

    財務諸表が表す数値を理解し、その知識や分析力を問う検定試験。企業の経営状態を判断するうえで役立つ会計知識を習得できます。

    さらに詳しくみる

  • 原価計算

    業種・職種にかかわらずビジネスパーソンが事業の収益性を把握するための基礎知識です。
    原価計算の基本用語や原価と利益の関係を分析・理解し、業務に利活用することができます。

    さらに詳しくみる

  • 日商PC

    下記3つのカテゴリに分けて試験が実施されております。
    「文書作成」は、Word®を活用し、正しいビジネス文書の作成や取扱いについて問う試験です。
    「データ活用」は、Excel®を活用し、表やグラフの作成、業務データの処理を行い、的確なデータ分析や効果的な資料の作成等について問う試験です。
    「プレゼン資料作成」は、PowerPoint®を活用し、分かりやすいプレゼン資料を作成について問う試験です。

    さらに詳しくみる

  • 日商プログラミング

    社会人として必要とされる論理的思考力、問題解決力を向上させることができます。
    また、企業のシステム開発・改良をはじめ、生産性向上を具現化するIT利活用能力を飛躍的に高めることができます。

    さらに詳しくみる

  • 珠算

    計算力・暗算力はもとより記憶力や集中力・思考力も養われ学力全体の向上も期待できます。

    さらに詳しくみる

  • 電子会計実務

    簿記の理論・知識をもとに、会計ソフトを経営に役立てるスキルを習得できます。

    さらに詳しくみる

  • 日商ビジネス英語

    電子メールをはじめとするビジネス文書を通じて英語によるコミュニケーション能力を判定します。

    さらに詳しくみる

  • ビジネスキーボード

    ビジネス実務で要求される速くて正確なキーボードの操作技能を証明する試験です。

    さらに詳しくみる

  • キータッチ2000

    ビジネス実務における必須技能である正確で速いタッチタイピングを証明する試験です。

    さらに詳しくみる

  • DCプランナー
    (企業年金総合プランナー)

    “年金・退職金と投資教育のエキスパート”、それがDCプランナー(企業年金総合プランナー)です。

    さらに詳しくみる